看護師

医療事務で働くBUSINESS女子【通信講座でラクラク勉強法】

医療分野の強い資格

医療事務との違い

勉強

医療分野での人気の高い2大資格である医療事務と調剤事務、どちらも医療系の職場での事務ですが違いは何でしょうか。現代国は、国策として医療分業を推進しています。病院は診察をし、薬を処方します。その薬の処方を調剤薬局が行います。病院での事務が医療事務で、調剤薬局での事務が調剤事務です。違いは働く場所にあります。調剤薬局での調剤報酬明細書作成や、受付、会計、薬剤師のサポートなどが主な業務です。国の医療分業の推進に伴い、とても人気が高いです。医療事務同様、フルタイムやパートなど働き方が選べるので、家事や育児などの両立も可能です。また、全国に職場があるため、転職や再就職にも安心の資格です。調剤薬局で働くには、調剤事務の資格が必要です。それには、専門スクールに通うか、通信講座で学びます。

在宅での学習の注意点

毎日が忙しく、専門スクールに通えないという方は、通信講座で学ぶという方法があります。通信講座は在宅での勉強ですので、途中で投げ出さないというのが一番注意するべき点です。テキストは詳しく、理解しやすいので初心者でも安心です。医療保険制度や受付マナーなど学習します。そして、調剤報酬明細書の作成や点数計算の学習など、無理なくステップアップできるカリキュラムになっています。また、調剤事務の資格試験対策にも対応していて、調剤試験問題集など詳しい解説付きなので、安心して試験に挑めます。もちろん、在宅での受験も可能です。専門スクールや通信講座であっても、病院との強いパイプのあるところがおすすめです。試験だけでなく、就職もスムーズにできる講座が一番おすすめです。