看護師

医療事務で働くBUSINESS女子【通信講座でラクラク勉強法】

資格取得のための勉強法

勉強

簿記2級を取得していると就職や転職に有利に働くだけでなく、サラリーマンに簿記はとっては必須の知識となっています。簿記2級に合格するには独学よりも通信講座を利用して勉強することが合格への近道となります。

医療分野の強い資格

勉強

医療分野での仕事は不況にも強いのでおすすめです。医療事務や調剤事務は、ニーズがとても高いうえに、家事や育児の両立も可能なので、女性にとても有利な資格です。専門スクールや通信講座で学び、調剤事務の資格を取得すれば、一生働くことができます。

自宅で学んで資格取得も

素早く調べる工夫を

勉強

医療事務(診療報酬請求事務)の通信講座を受講すると、テキストや問題集などといった教材が送られてきます。そして教材の中には「点数表」と呼ばれるものがあります。点数表とは、診療報酬の点数(価格のようなもの)が全て載っており、それに基づいて計算していくのが医療事務の仕事であるため、点数表は必須のアイテムです。さて、その「点数表」には様々な項目に分かれています。項目の例を少し挙げると「検査」「注射」などがあります。点数表はただでさえ分厚く項目を見るのは大変になりがちです。そこで、点数表にインデックスを付けておくと、閉じた状態でも項目がわかりやすくなるので調べる時間が短縮できます。通信講座では原則、自分で勉強を進めていきます。通学の講座と違ってすぐに質問することができない分、自分ですぐに調べられるようにしておくことが大事です。それは勉強を進める上でだけでなく、医療事務の実務に就いたときにも同様です。

暗記より調べて確実に

医療事務は、実際に実務に就いたときにはパソコンの専用ソフトを用いて処理することが多いのですが、通信講座ではソフトの操作方法よりも医療事務の基本となる計算の方法や規則について主に学びます。通信講座の多くでは暗記を求めるのではなく、きちんと調べて確実に処理することを練習できるようになっており、レポート等の作成においても教材を参照して解答し、提出するスタイルが基本的です。また、通信講座の修了において資格試験の受験資格が与えられたり、修了をもって資格を付与されることが多いです。資格試験も在宅受験が可能なものもあります。在宅受験が可能な理由は、前述のように暗記が必要なのではなく調べて確実に算出することが必要な能力であるためです。自宅で資格取得ができるため、働きながらや家事・育児の傍らで学びやすいという点は医療事務の通信講座における大きな特徴の一つでしょう。

就職に有利な資格

勉強

公認会計士になるためには、国家試験に合格する必要があります。ただし、かなり難易度が高い試験であるため、完全な独学で合格を手にすることは至難の業です。確実に合格したいと考えている人は、専門学校や通信教育で勉強するようにした方がよいです。